還暦祝いに胡蝶蘭の贈り物が喜ばれます

還暦祝いの胡蝶蘭

 

還暦は数え年61歳(満60歳)をいいます。

 

人生の節目と言われているので、還暦祝いの贈り物やギフトは、長年のご苦労を労う気持ちをしっかりと伝えたいですね。

 

この還暦お祝いに贈るプレゼントで、胡蝶蘭は最適の花のギフトです。

 

定番の赤い色をラッピングにし、マナーを守って、贈ると喜ばれます。

 

ここでは、還暦祝いの金額の相場やおすすめの胡蝶蘭のギフトを紹介しています。

 

還暦のお祝いを贈るマナー

 

還暦は年齢で、数え年61歳(満60歳)をいいます。

 

本卦還り(ほんけがえり)ともいいます。

 

還暦以外に、年齢によって長寿祝いをすることがありますが、還暦だけが数え年です。

 

「人生50年」といわれていた時代と比較すると、現代の人々の平均寿命は80歳を超えて大幅に伸びています。特に、日本は世界一の長寿国です。

 

還暦を迎えたご本人も、60歳ではまだ若々しいとも思っています。
見た目も、数十年前のような老人のイメージではない人も多いですよね。

 

だから、還暦祝いのギフトは「老人扱いしない」ことはデリケートなポイントになります。

 

還暦祝いを渡すときは、直接手渡しできれば気持ちは伝わりやすいです。

 

ですが、持って行くのが難しかったり、むしろ、贈ってもらった方が感動を与えられるオススメする胡蝶蘭は、お祝いの日の前日までに届くようにします。

 

家族以外や恩師の還暦祝いなどの場合には、誕生日の1週間前くらいを目安に贈ります。

 

還暦祝いに胡蝶蘭のギフトを贈る

 

還暦のお祝いで、家族や周りの人同士でお祝いの会を開くことがあります。

 

お祝いの会がなかったり、出席できなくても、ギフトプレゼントとして、胡蝶蘭はぴったりです。

 

還暦ということで、お祝いされる方によっては、健康状態は気になりますよね。

 

健康と長生きを祝福する気持ちが、胡蝶蘭を通して伝わります。

 

とくに花を大事にする年齢になると、比較的時間がある還暦後は、プレゼントした胡蝶蘭を何年もかけて育てる方もいます。

 

1年、2年、3年と育てて、株分けをしています。
胡蝶蘭の花は通常、長いこと咲き続けますが、育てるのもそれほど難しくないんですね。

 

花芽がついて、ひとつ、ひとつと咲き初めてると、人生に新しい息が吹き込まれたようで、とても感動してくれることが多いですね。

 

何かに夢中になるって幸福ですね。
還暦祝いに胡蝶蘭を贈ると、いつまでも毎日夢中になって育ててます。

 

胡蝶蘭は、3年以上の年月をかけて作るので、なかなか取り寄せができないのです。

 

通販なら、直送で新鮮で綺麗な胡蝶蘭を日時指定で送ってもらえます。

 

花は人の心を感動させます。とくに、胡蝶蘭のようなきれいな華やかな花は、贈られた方も送った方も感動します。

 

ぜひ、今までのありがとうの感謝の気持ちを込めて、お祝いする心の表現の贈り物として送ってみてはいかがでしょうか。

 

還暦祝いに胡蝶蘭を送る際の似合うラッピング

 

還暦のお祝いには、「赤」という、お祝いのカラーがあります。

 

還暦祝いの定番に「赤いちゃんちゃんこ」や「赤いずきん」「赤い座布団」があります。

 

「赤」のカラーである意味は2つあるんですね。

 

一つは、還暦は60年で生まれた干支にもどるので、「赤ちゃんにもどる」という意味。

 

もう一つは、赤い物は 縁起が良く、魔除けなどに効果があるとされていて、男性の厄年である還暦の年に、魔除けや厄除けとしての意味があります。

 

ラッピングのカラーを決めると、綺麗な胡蝶蘭がとても似合います。

還暦祝いの胡蝶蘭の祝札には、「「祝 還暦」「寿 還暦」「還暦御祝」などと書きます。

 

「これからも元気で長生きしてください」などと一言メッセージを伝えるのもいいかもしれませんね。

還暦祝いの胡蝶蘭の金額の相場

 

還暦祝いって、人生の区切りとなるお祝いです。

 

プレゼントを何を贈るか、ということは、定番の赤い頭巾やちゃんちゃんこと同額くらい金額の相場です。

 

これらをプレゼントしたとしても、金額はものすごく高額にはならないですよね。

 

同じように考えると、平均的に5千円前後、高額でも2万円くらいでしょう。

 

もちろん、贈る相手の関係性が、両親や兄弟姉妹、親戚、知人、恩師などによって変わります。

 

家庭の経済状況によっても変わります。

 

一般的に胡蝶蘭をギフトで贈るなら、

  • 両親へ贈る場合:10,000〜50,000円
  • 兄弟姉妹、親戚:5,000〜10,000円
  • 知人や恩師:5,000円前後

のことが多いです。

 

少し高額な胡蝶蘭をギフトとして贈りたい場合は、家族や兄弟などと共同購入するといいですね。

 

還暦祝いのギフトにおすすめの胡蝶蘭

 

還暦祝いで贈る言葉は、
「これからもお元気でいてください」
ですよね。

 

日頃の感謝の気持ちと、大切な節目を祝う気持ちです。

 

上品で華やかな花の胡蝶蘭は、ある程度の年齢を重ねた方にもぴったりで、還暦を祝うプレゼントとしては最適です。

 

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」です。

 

長く咲き続ける胡蝶蘭と、花言葉で、これからも元気でいて欲しい気持ちが伝わるはずです。

 

きちんと植え替えをすれば、毎年花が咲くようになるので、楽しさも増します。

 

還暦のお祝いでは、胡蝶蘭の色は贈られる人の性格のイメージに近いものがいいですね。

 

落ち着いた白い大輪胡蝶蘭や、楽しい黄色い中大輪の胡蝶蘭などです。

 

そこに、還暦の定番「赤い」色のラッピングをすると、受け取った方も喜びます。

 

胡蝶蘭は、とても綺麗で華やかです。
還暦祝いに最適な胡蝶蘭があります

還暦祝いにオススメの胡蝶蘭

 

胡蝶蘭以外に贈る還暦祝いのプレゼント

 

胡蝶蘭のギフトと組み合わせて、ほかのプレゼントも一緒におくるのもオススメです。

 

還暦祝いの定番プレゼントとして、赤いちゃんちゃんこがありますよね。

 

そのほかにも、

  • 女性には、バッグや服などのファッショングッズ、アクセサリー
  • 男性女性にも合うのが、ペアグラスや湯のみ、旅行券

などが、よく紹介されています。

 

還暦祝いに贈ってはいけないギフト

胡蝶蘭は還暦祝いのギフトとして最適です。

 

胡蝶蘭以外に、還暦祝いで贈るギフトがなかなか思い浮かばないときに、贈ってはいけないギフトには気をつけましょう。

 

特に男性向けに「お茶」や「靴下」で事を済ませてしまいがちです。

 

でも、これらは縁起が悪いものとして、贈ってはいけないギフトなんです。

 

その理由は

  • 「お茶」は、香典返しでつかわれる
  • 「靴や靴下」は、相手を足で踏みつけるにつながる
  • 「老眼鏡」は、老いを連想させる
  • 「櫛」は、「苦(く)」と「死(し)」に通じる
  • 「椿の花」は、首が落ちるを連想させる

などと言われるからです。

 

寿命が80歳近い今は、60歳という年齢はまだまだ若いですよね。

 

お祝いをされる方も、まだまだ働き盛りの現役だと感じているでしょうから、長寿祝いとしてではなく、今までの感謝の気持ちを伝えるためのお祝いするです。

 

還暦のお祝いは、日頃はなかなか伝えることができない、感謝の気持ちを伝えるいい機会です。

 

胡蝶蘭

だからこそ、還暦祝いのお祝いに、喜んでもらいたいときに贈るギフトの花としては最適です。

 

長持ちしてする胡蝶蘭は、還暦という人生の節目に、真心を伝えるにはぴったりの花です。

 

普段照れくさくて言えない、親や関係のある人が還暦を迎えるときは、心があらわれる胡蝶蘭をぜひ贈り物として送ってみてくださいね。